浦和

浦和の歴史

浦和市(うらわし)は、関東地方の南部、埼玉県南部に存在した市で、2001年に大宮市、与野市と合併してさいたま市となり、廃止となりました。
浦和の歴史は、人口増加の歴史でもあります。
江戸時代の浦和は、中山道や日光御成街道の宿場町ではありましたが、近隣の岩槻や川越に比べ人口も少なかったです。
明治時代に入り、師範学校、医学校、官立浦和高等学校などが次々と開設されると、全国から優秀な学生が集まり、また、1923年の関東大震災では、震災被害が少なく、東京から20km圏内と近く、交通の便もの良いことから、東京や横浜方面からの移住者が増加しました。
戦後の高度成長期以降、都内や県内他都市と結ぶ鉄道交通が発達し、市内では急激な人口増加に学校の開設が追い付かず児童の飽和状態が問題となるなど、1995年以降は川口市を抜いて、廃止直前の平成12年時点では、県内最大の人口(48万人)を有していました。
浦和駅から少し離れた別所沼周辺には高級住宅地があり、高級住宅地が多い世田谷区や渋谷区よりも、年収の高い人の比率が高くなっています。
浦和市の人口増加は、熾烈な競争社会の歴史でもあり、県立浦和高等学校は日本一東京大学合格者を輩出し、保護者の年収の高さが、受験競争に影響を与えています。
合併され出来たさいたま市の人口は約125万人で、日本で9番目に人口が多い市になっています。
東京のベッドタウンとして、市内に常住する通勤・通学者の23.8%が東京23区部に通っていますが、反面、さいたま市へ通う方も多く、今も人口増加は続いていて、熾烈な競争社会は止むことはありません。
それでも、人が集まるのが、この街の魅力です。


浦和の地理

浦和は大宮台地の南側に位置する地区で、埼玉県の県庁が置かれている場所であります。本来であれば埼玉郡に属していた岩槻に県庁が置かれるはずでしたが、様々な経緯があって中山道の宿駅で地理的な特性に恵まれた浦和が県庁所在地となりました。

 

大宮台地の西側には荒川低地があり、広大な河川敷を有する荒川の本流が流れています。左支川となる鴨川などが荒川へ合流する地点で、地理的には東京とも深いつながりがあります。東側については中川低地となりますが、大宮台地と接する地点では浅い谷が発達しています。小さな河川が大宮台地を侵食することで形成されたも
ので、岩槻台地や安行台地などの支台があります。

 

浦和は古来より水に恵まれた都市で、昔は良質なウナギを水揚げする名所としても有名でした。大宮台地の先端部においては古来より湧水が豊富で、無数の池が形成されました。浦和周辺では荒川をはじめとして、多くの沼地や池でウナギを水揚げすることができました。今では市内に多くのウナギ料理店があることを知って、歴史を探訪することができます。

 

浦和の地理を調べてみると、地形は概ねは平坦であることが分かります。台地の崖線はありますが、勾配は緩やかであります。平坦な地形を活かして、戦前までは農業も盛んに行われました。北浦和はサツマイモの紅赤という品種の発祥地として名高いですが、現在では完全に宅地となりました。農地は大幅に減っていますが、荒川沿いには田園が多く残っています。


居・食・住に人気のスポット浦和とは

浦和は埼玉県の南部に位置し、かつては県庁所在地として浦和市として名が知られていました。その後に大宮市と与野市と合併し現在ではさいたま市の浦和区として様々な発展が遂げられています。路線には浦和と名のつく駅名だけでも8個はあり、初めて訪れた人は迷うことも少なくないといいます。浦和レッズを最初に思い浮かべるほど有名なサッカーに熱い町であることでも有名です。熱狂的なサポーターが多い事でも知られ、試合が行われる日の駅周辺は勝敗結果に関わらず、多くのサポーターで埋め尽くされ町が真っ赤に染まるといっても大げさではありません。また南関東の4競馬場の内の1つとして「浦和競馬場」もあり、夏には花火大会も開催されます。市内には鰻の蒲焼きの名店も数多く軒を連ねています。毎年初夏に開催される「鰻祭り」には、駅前に設置された鰻のキャラクター像と共に盛大に町を盛り上げています。また、駅周辺には「調べる神社」という字を書いて「つきのみや神社」の愛称で親しまれる神社も存在します。鳥居がないのも特徴で、こま犬ではなくウサギが置かれているのも全国的には珍しいと有名です。さらに近年では当たり前となった複合型ショッピングセンターも数多く存在し、買い物や外食をするには困りません。路線では浦和駅はさいたま市の都市開発の中で再開発がすすめられて、駅の全面的な高架化が行われました。大幅なリニューアルをして生まれ変わり更に利用しやすくなった点も目覚ましいといえます。文教都市浦和にはいわゆる風俗のお店はありませんが、実はひっそりと無店舗型のお店があります。浦和デリヘルの店舗数は埼玉のデリヘルの中でも店舗の多い大宮のデリヘル店に比べるとごくわずかなのですが、その分貴重な存在として浦和の風俗店は利用者から重宝されています。